Homeメディア掲載・受賞

「サンデー毎日」2016年10月9日号
書評欄「本のある日々」で小林聡美さんに
『字を書く女 中年書道再入門』をご紹介いただきました。

  『字を書く女 中年書道再入門』 『字を書く女 中年書道再入門』



「オレンジページ」2016年9月17日号
「気になるあの人、あの本」エッセイスト 酒井順子さん
『字を書く女 中年書道再入門』酒井順子・著

  『字を書く女 中年書道再入門』 『字を書く女 中年書道再入門』



「ダ・ヴィンチニュース」「yahoo!ニュース」2016年7月30日
あなたは「字ギレイ顔」?女性の品格の差は「字」で現れる!
書道をやるメリットとは?
『字を書く女 中年書道再入門』酒井順子・著

  『字を書く女 中年書道再入門』 『字を書く女 中年書道再入門』



TOKYO FM「まえがきは謳う」2016年7月12日
『字を書く女 中年書道再入門』酒井順子・著

 『字を書く女 中年書道再入門』 『字を書く女 中年書道再入門』



『毎日新聞』2016年6月16日夕刊
『半切ハンドブック2』

 『月に架かる虹──戦没者慰霊の旅』 『半切ハンドブック2 —臨書と創作— 楷書』



『戦争画リターンズ』平山周吉・著により、
芸術新聞社が「第37回雑学出版賞」を受賞

第37回雑学出版賞(雑学倶楽部)
「雑学出版賞」はユニーク、かつ時流に合った企画・編集で、雑学を志す者に多大な刺激を与える内容の出版物を受賞対象としています。著者ではなく出版社、編集社を表彰する編集企画賞です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
藤田嗣治の「アッツ島玉砕」は、藤田が全身全霊をこめて描いた彼の代表作だ。しかし戦意を高揚させた戦争画として戦後に戦犯扱いされ、藤田は祖国を見捨てフランスへと帰化した。著者は、鬼気迫るこの絵に出合い、当時の社会状況、壮絶な玉砕の謎、制作にかけた情熱、国民大衆に与えた衝撃、山田風太郎や新藤兼人らの有名人の感想など、当時の新聞雑誌記事や自伝、回想記、戦史などの膨大な資料にくまなくあたり、綿密な取材によって玉砕戦のむなしさを浮き彫りにした。英霊への鎮魂と昭和史の悲しみが伝わる労作だ。

[雑学倶楽部]
戦争画リターンズ 『戦争画リターンズ』