Home イベント

『人生散歩術』(芸術新聞社)
『日常学事始』(本の雑誌社)刊行記念
岡崎武志さん×荻原魚雷さん トーク&サイン会
『日常学と散歩術~たのしく自由に生きるには~』




井伏鱒二や高田渡、古今亭志ん生など、軽やかに悠々と生きた自由人たちを紹介した岡崎武志さん『人生散歩術』。 読んでたのしく、使って役立つ衣食住の知恵を綴った荻原魚雷さん『日常学事始』。同時期にそれぞれの切り口と持ち味で、無理せず、のんびり、快適に暮らす術をガイドする著書を刊行されるおふたりのトークイベントを開催します。『日常学事始』が生まれるきっかけは、岡崎さんとの対談からだったという魚雷さん。旧知のおふたりが語るたのしく自由に生きるコツとは?
乞うご期待!


開催場所
東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
2017年7月19日(水) 19時00分~(開場18時30分)
参加費 500円(要予約)

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-17
TEL:03-3291-5181(代表)
http://www.tokyodo-web.co.jp/

プロフィール
岡崎武志(おかざき・たけし)
1957年大阪府生まれ。立命館大学二部日本文学コース卒業。雑誌編集者を経て書評家・古本ライターとして活動。『ニッポン文庫大全』(ダイヤモンド社)、『気まぐれ古書店紀行』(工作舎)、『読書の腕前』(光文社文庫)、『上京する文學』(新日本出版社)、『蔵書の苦しみ』(光文社新書)など著書多数。

荻原魚雷(おぎはら・ぎょらい)
1969年三重県生まれ。文筆家。大学在学中からフリーライターの仕事を始めるも、なかなか生計が立てられず、アルバイトで食いつなぎ、現在にいたる。著書に『活字と自活』『書生の処世』(以上、本の雑誌社)、『古本暮らし』『閑な読書人』(以上、晶文社)、『本と怠け者』(ちくま文庫)など。

参加方法など、詳細は
http://www.tokyodo-web.co.jp/blog/?p=14886