Home書道古典の上手な学び方

篆刻の鑑賞と実践

判型 : A4変型判 並製
頁数 : 176頁
定価 : 本体2,330円+税
発刊 : 1995年10月30日



本を購入する


墨10月臨時増刊

古典の上手な学び方


もう古典臨書は恐くない!効果的な学習法から臨書の生かしかたまで「修行」が「愉しみ」にかわる画期的臨書入門書。
【目次】
巻頭企画 I
さまざまな臨書 [解説]矢島峰月
〔批評的臨書〕楊■臨西嶽崋山廟碑/王鐸臨王羲之瞻近帖
〔歴史組織的臨書〕趙孟■臨蘭亭序/呉譲之臨曹全碑
〔古文再現型臨書〕呉昌碩臨石鼓文/羅振玉臨古文
巻頭企画 II
臨書への提言 巨匠・一選作家に聞く
行者的習熟に喜びが在る/稲村雲洞
臨書そのものに没頭する楽しさ/高木聖鶴
書の天才の筆跡に人間の偉大さを見る/戸田提山
古典は自分の書作を測る物差し/成瀬映山
原本に忠実に臨書することが第一/伏見冲敬
形よりも「生きた線」を学ぶ/宮本竹逕
【1:古典の秘密】
文字の美しさ/田中有
書の美 古典と現代/田中有
なぜ臨書するのか/岡田契雪
臨書と目習い/岡田契雪
古典は恐くない/幕田魁心
いい臨書とは/石野黎峰
【2:臨書の知識】
臨書手本の学び方/石野黎峰
臨書の前提/幕田魁心
どの書体から入るか/柳碧蘇
臨書のサイクル―臨書の質を高める学習の流れ/柳碧蘇
臨書のサイクル―書体ごとに量を広げる学習モデルケース/柳碧蘇
楷書体・行書体・草書体・隷書体・篆書体・甲骨文金文
【3:臨書学習の実際】
<臨書の実践> 高木聖雨
法帖をそろえる/用具をそろえる/姿勢と法帖の位置/半紙臨書/全臨/原寸臨書/双鈎填墨/条幅臨書/倣書
<かなの臨書> 高木聖雨
臨書を始める前に/臨書の実際/臨書から創作へ
【4:私の古典攻略法】
泰山刻石・井垣清明/木簡隷書・岸本太郎/漢簡・柳碧蘇/王羲之蘭亭序・桑原呂翁/光明皇后楽毅論・小野田雪堂/鄭道昭鄭羲下碑・結城巨流/欧陽詢九成宮醴泉銘・尾崎邑鵬/顔真卿祭姪文稿・平勢雨邨/明清連綿草・大島■山/貫名菘翁赤壁賦・上松一条/寸松庵色紙・楢崎華祥/関戸本古今集・西迫翠峰
【5:臨書活用法】
古人はどう臨書してきたか/矢島峰月
段階的臨書論をどう考えるか/矢島峰月
臨書と創作の接点/渡部半溟
臨書を作品制作に応用する/渡部半溟
臨書学習を深く楽しむために/吉野大巨
臨書を日常書字に生かす/大森哲
臨書を死蔵させないために/大森哲
臨書学習の工夫す島田喜一
臨書にまつわるQ&A/島田喜一
手本・法帖・技法書ガイド

ジャンル別

シリーズ本

検索