Home書道三輪田米山 魂の書

三輪田米山 魂の書
PREVIEW

判型 : A4判 並製
頁数 : 320頁
定価 : 本体3,704円+税
発刊 : 2016年12月
ISBN : 978-4-87586-506-3 C0071





三輪田米山 魂の書

髙澤浩一・著

四国は伊予松山(愛媛県)の書人、三輪田米山。
1821(文政4)年に生まれ、1908(明治41)年に歿す。
幕末・明治の激動の時代を一人の神官として生きながら、
唯一無二の書を残した。
最新研究に基づく米山ガイドの決定版。


米山の書く大字書には迫力が漲っている。
それは形式などに捉われず、技巧を超越し、
書が心の内から躍動して書かれた為である。
私はそれを「魂の書」と言った。
——「序文」より

◉オールカラー320頁
◉作品・資料の画像を豊富に掲載するビジュアルブック
◉知られざる作品を多数収録
◉神社・寺院の石文・書跡78カ所を全ガイド(地図付き)

【著者略歴】
髙澤浩一(たかざわ・こういち)
1958年、千葉県県生まれ。大東文化大学文学部中国文学科卒業。二松學舍大学大学大学院修了。現在、二松學舍大学大学教授。


【お詫びと訂正】
97ページの最終行に誤植(文章の脱落)がありました。
【誤】
……幾ら天才でも、三十、四十の
【正】
……幾ら天才でも、三十、四十の若さではとても書けないはずであります。
以上、謹んでお詫び申し上げます。

ジャンル別

検索