Amazon.co.jp ウィジェット

Homeアート評論アナムネシスの光芒へ—幻景綺論

アナムネシスの光芒へ—幻景綺論

判型 : B5変型判 上製
頁数 : 228頁
定価 : 本体 3,500円+税
発刊 : 2016年9月28日
ISBN : 978-4-87586-495-0 C0071





アナムネシスの光芒へ—幻景綺論

相馬俊樹・著


現代の幻想美術の粋を語り尽くす
古代宗教がふんだんに有していた、残酷でエロティックなまさに前近代的、しかし根源的な精神宇宙と、神の猿もしくは神のけだものとしての人間の野生の欲動を、相馬俊樹は各々の美術家の作品にことよせ、甦らせ、読者のうちに発現させようと煽動する。
(本書跋文[諏訪哲史・文]より引用)


秘教の想起(アナムネシス)へと導く魅惑の幻想美術世界。
日常のまどろみに亀裂を生じさせ、覚醒をうながす神秘の鍵を現代作家の作品群の中から探る。

画家・版画家・写真家など、幅広い分野の人気作家から気鋭の作家16名の作品を収載。
山本じん/成田朱希/多賀 新/今 道子/建石修志/池谷友秀/清原啓子/中村 趫/箕輪千絵子/瀬戸 照/山下陽子/亀井三千代/池田俊彦/二階武宏/藤田典子/マサミ・テラオカ


*アナムネシス(anamnesis)想起説
プラトンの認識論的理論で使われる概念。「『学ぶ』『探求する』と呼ばれているものは、すでに獲得しながら忘れていた知識を想い起すこと(アナムネシス) に他ならない。
プラトン『メノン』

【プロフィール】
相馬俊樹(そうま・としき)
1965年生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業。
美術評論家。

ジャンル別

検索