Home書道日本の金石文

日本の金石文
PREVIEW

判型 : 四六判 上製
頁数 : 246頁
定価 : 本体3,000円+税
発刊 : 2015年3月30日
装幀 : 小沼宏之
ISBN : 978-4-87586-445-5 C0081



本を購入する amazon


日本の金石文

財前 謙・著

日本図書館協会選定図書
文字の力、ことばの力──。
日本人は、文字に何を託してきたのか。
日本語の文字文化の未来に向けて、
ネット、スマホの時代に、あらためて
手で文字を書くことの根源的な意味を問う。
日本人はどのように、またどのような文字を書いてきたのか。……
我々はもっともっと、思い出さなくてはならない。
(I「日本の金石文」より)
手で字を書くことは文字を自分自身に導くことであり、……
同時に、手で書かれた文字には、それを書いた人そのものが刻まれる。
(II「書く──もう一つの意味」より)

目次
Ⅰ 日本の金石文
 序  
 道の幸  
 彼の岸へ  
 暦  
 銘 序を并す  
 初唐の風  
 心の準備  
 狩谷棭斎  
 連歌師の眼  
 しのぶ  
 碑の抱一  
 法隆寺  
 仮名の往く道  
 伝達と筆法
II 書く──もう一つの意味
あとがき
図版一覧
初出一覧
書名・作品名索引
人名索引

掲載情報他



【プロフィール】
財前 謙(ざいぜん・けん)
1963年、大分県生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。2009年、第1回「墨」評論賞大賞を受賞。著書に『手書きのための漢字字典』『字体のはなし──超「漢字論」』(共に明治書院)、『検定 変体がな』(武蔵野書院)、『新常用漢字196──ホントの書きかた』(芸術新聞社)などがある。現在、早稲田大学教育・総合科学学術院講師、放送大学講師、大東文化大学書道研究所客員研究員。

ジャンル別

検索