Home実用わかる授業の指導案55

わかる授業の指導案55

判型 : B5判 並製
頁数 : 256頁
定価 : 本体2,200円+税
発刊 : 2012年8月8日
ISBN : 978-4-87586-337-3 C3037



本を購入する amazon


わかる授業の指導案55

予習から習得そして活用へ

鏑木良夫・著


小中学校の先生たちの悩み。── わかる授業をしたい。


子どものうれしい顔を見たい。学力を付けさせてあげたい。でも、子どもの意見をまとめきれない。活躍するのは一部の子どもばかりだ。授業を改善したい。どうしたら良いか……。そんな悩みを解決する、「予習から入る わかる授業」。子どもたちそれぞれが考える枠組みを持って学ぶ、授業プランを多数収録。

【目次】
まえがき
[I] 予習から入る授業の理論――先行学習
活用課題一覧
[II] 先行学習から入る小中学校指導案

(1)小学校
1 理科
3年理科「南北を向く磁石」
4年理科「金属の温まり方」
4年理科「水の温まり方」他
2 算数
1年算数「12-3の計算」
2年算数「3の段の九九」
3年算数「12×4の計算」
3 国語
1年国語「あいうえお表」
2年国語「カタカナのひろば」
3年国語「ともこさんはどこかな」
4 社会
5年社会「自動車産業」
5年社会「日本の工業地帯」
6年社会「国際社会の中の日本」

(2)中学校
1 理科
1年理科「音の伝わり方」
1年理科「光の反射」
1年理科「均一に溶ける」
2 数学
1年数学「角錐・円錐の体積」
1年数学「文字式」
2年数学「連立二元一次方程式」
3 社会
3年社会「情報の取捨選択」
3年社会「平和主義と自衛隊」
4 国語
1年国語「アナウンス原稿」
2年国語「詩・大阿蘇」
あとがき
【プロフィール】
鏑木良夫(かぶらぎ・よしお )
授業インストラクター。1948年、東京生まれ。埼玉県の教員を経て,40代後半で校長となる。小・中学校の校長時代も授業の現場から離れず,退職後は全国の学校(小・中・高・大)で飛び込み授業を実施。現在,年間100日以上,黒板の前に立つ。日本教科教育学会会員,日本教育心理学会会員,日本初等理科教育研究会顧問,認知ゼミナール主宰。著書に『ザ情意』(初教出版),『理科を大好きにするラクラク予備知識の与え方』『教えて考えさせる先行学習で理科を大好きにする』(学事出版),『教えて考えさせる理科小学校』(図書文化)ほか。市川伸一との共著『教えて考えさせる授業小学校』(図書文化)ほか。

ジャンル別

シリーズ

検索