Home書道五十年の回顧-ある書道編集者の軌跡

五十年の回顧

判型 : A5判 上製 クロス継背仕様
頁数 : 264頁
定価 : 本体3,200円+税
発刊 : 2012年6月11日
ISBN : 978-4-87586-335-9 C0071





五十年の回顧

-ある書道編集者の軌跡

西嶋慎一・著

「書壇の生き字引」が贈る、書に人生を捧げた書人達の記憶

書道出版界をリードしてきた二玄社の編集者として積み重ねた、
西川寧・青山杉雨をはじめとする書壇のトップ達との深く長い親交の数々。
書き綴られる想い出の一端は、書に人生を捧げた書人達の記憶を、後世へと伝える橋渡し。

【目次】
『書品』の編集室
春海・翠軒・桑鳩
青鬼と赤鬼
田近憲三と江田勇二
槐安高島菊次郎
七人の侍事件
書道講座の編集
京都学派
京都学派と白川静
二つの故宮博物院
コミュニケーション・ツールとしての書
〓廬先生印存と昭和記念蘭亭会

あとがき
関連年表
関連人物略歴

※書道雑誌『墨』の好評連載をまとめた書道愛好家、必読の1冊です。
【プロフィール】
西嶋慎一(にしじま・しんいち)
昭和11年、東京に生まれる。昭和34年、早稲田大学教育学部卒業。二玄社に入社し書道出版に従事。書跡名品叢刊、日本名品叢刊、敦煌書法叢刊、中国篆刻叢刊、書道講座・書道技法講座他の企画編集を行う。西川寧、青山杉雨の知遇を得て、その全著作を編集。神田喜一郎、中田勇次郎、白川静の書作をも手がける。その傍ら、昭和蘭亭展、中国書跡名品選、西レイ印社展の構成に携わる。平成12年、常務取締役で二玄社を定年退職後、文筆活動に入る。この年より、日本書芸院顧問として日本書芸院特別展観に関与し「海を渡った中国の書」他を構成。現在、成田山書道美術館研究員、大東文化大学書道研究所研究員、公益社団法人日本書芸院学術顧問、公益社団法人中部日本書道会名誉顧問、中国西レイ印社名誉社員。

ジャンル別

検索