Home文芸人間的

人間的

判型 : 四六判 並製
頁数 : 160頁
定価 : 本体1,300円+税
発刊 : 2012年4月12日発売
ISBN : 978-4-87586-333-5 C0095





人間的

外山滋比古・著

自分を変えるか 視点を変えるか


世界は劇的に変化しているのに、
私たちは一向に変わろうとしない。
変化に弱いのは、人のもってうまれた原質でしょうか?
世の中の根っこにある
「ひとの方則」を見すえる扉──それが本書です。
「思考の整理学」の達人が説く、“常識”にとらわれないで
自分の頭と心で考えるヒント。最新エッセイ集です。

【目次】
I
人間距離の美学──近きをつつしむ
生活のリズム
完璧
求む・フール
II
負の経験
知らぬが仏・忘れるが勝ち
虚言
竜頭型・棹尾型
III
「数」のちから
立場の違い
強者・弱者
英雄崇拝
Slide 2 Slide 3
【プロフィール】
外山滋比古 (とやま しげひこ)
1923年愛知県生まれ。英文学者、言語論者、評論家。1947年東京文理科大学英文科卒業後、同大学特別研究生修了。1951年雑誌「英語青年」編集長。東京教育大学助教授を経て1968年お茶の水女子大学教授。1989年同大学名誉教授。同年、昭和女子大学教授、1999年同大学退職。著書に、『少年記』(中公文庫)、『失敗の効用』(みすず書房)、『「マイナス」のプラス―反常識の人生論』(講談社)、『日本語の作法』(新潮文庫)、『思考の整理学』(ちくま文庫)、『「忘れる」力』(潮出版社)等がある。