Home書道西川 寧

墨 ニュークラシック 西川 寧

判型 : AB判
頁数 : 149頁
定価 : 本体3,600円+税
発刊 : 2011年9月8日
ISBN : 978-4-87586-311-3 C0071



本を購入する amazon


墨 ニュークラシック・シリーズ

西川 寧

昭和の書の巨人の業績を1冊にまとめ、
後世につなげていくことを目的として刊行される、 シリーズ第4弾!


学問と書作──それは西川寧にとっての両輪であった。
中国書跡の深い研究はもとより、哲学や文学など、広範な学究に裏打ちされた西川寧の書は、彼の目指した「文人」の姿を具現し、書の原点を今に示す「21世紀の新古典(ニュークラシック)」なのである。

【本書の特長】
コンパクトで軽量なAB判。ソフトカバーで扱いやすい設計。
東京国立博物館に収められた代表作を、年代順に俯瞰できます。
自刻自用印も収載。
著録の中から、今に生きる「言葉」を厳選して掲載しています。

【本書の内容】
監修:新井光風/巻頭言:島谷弘幸(東京国立博物館副館長)
作品選
叙録
1 1927~1955
2 1956~1967
3 1968~1978
4 1979~1988
5 篆刻
資料
作品解題・釈文
西川寧のことば
年譜

ジャンル別

シリーズ

検索