Home書道金子鴎亭

墨 ニュークラシック 金子鴎亭

判型 : AB判
頁数 : 157頁
定価 : 本体3,600円+税
発刊 : 2010年12月10日
ISBN : 978-4-87586-292-5 C0071



本を購入する amazon


墨 ニュークラシック・シリーズ

金子鴎亭

昭和の書の巨人の業績を1冊にまとめ、
後世につなげていくことを目的として刊行される、シリーズ第3弾!


中国・日本の古典文学を原文のまま書くのが「書」であった時代に、時代と共にあるべき書の姿を模索し、書の概念までを動かした一人の人物の存在があった。「近代詩文書」の生みの親にして、創玄書道会の創始者、金子鴎亭。その存在自体が、いまや現代の私たちを導く「21世紀の新古典(ニュークラシック)」と呼ぶにふさわしい。

【本書の内容】
作品選
何が、あるべき動向か…──中野北溟解説
現代を生き抜く書
独創と昇華
終生にわたる古典との対峙──石飛博光編
資料
金子鴎亭の言葉──大井錦亭編
フォトアルバム──加藤有鄰編
年譜──創玄書道会編

ジャンル別

シリーズ

検索