Homeアート流産した視覚

流産した視覚

判型 : 四六判 上製
頁数 : 240頁
定価 : 本体2,400円+税
発刊 : 1997年4月1日
ISBN : 978-4-87586-228-4 C0071



本を購入する amazon


流産した視覚

美の現在・現代の美術

米倉 守・著


美術評論家・米倉守が美術、芸術、文学などを 様々な角度から視る。視覚のスタンスが据わり にくい今日にあって、美の生まれ出る根源を問 い直す、野心的総合美術評論。

【プロフィール】
米倉守(よねくら・まもる)
美術評論家。1938年、三重生まれ。関西大学文学部国文科卒業後、朝日新聞社入社。大阪本社および東京本社学芸部の美術担当記者、編集委員を経て多摩美術大学教授、造形表現学部長、松本市美術館長を歴任。

ジャンル別

検索