Home書道古筆の流れ

古筆の流れ 臨書・鑑賞・類聚整理

判型 : B5判 並製
頁数 : 128頁
定価 : 本体2,800円+税
発刊 : 2009年10月6日
ISBN : 978-4-87586-185-0 C0071



本を購入する amazon


古筆の流れ

臨書・鑑賞・類聚整理

関口研二・編

 本書は、仮名の臨書を効率的に行うための知識、方法を、豊かな図版とともにわかりやすく提案するものです。
 しかし本書の注目点はそれにとどまるものではありません。平安朝の仮名を主とする、古筆(こひつ)についてのいくつかの考察は、定説を覆すものと言ってよいでしょう。
 なかでも、「現存せる仮名のうち最も優れた劇跡」(田中親美)、「尊むべく、仰ぐべく、拝すべきはまず高野切」(尾上柴舟。ともに本書48頁)といわれる高野切古今和歌集の成立年代と筆者について、先人の研究を踏まえつつも綿密な比較を行ったうえでの、通説より30年ほど遡るのではないか?3人の筆者のうちの筆頭は、三跡のひとり、藤原行成ではないか?との推論は興味深いものです。その他にも、鋭い視点で深く古筆を見すえてきた筆者ならではの、瞠目すべき考察に接することが出来るかと思われます。
 著者は声高に主張するのではなく、「私の中では自然な感覚ですが、当然、批判はあると思います」(書道誌「墨」201号のインタビュー)と語っています。
「書くこと・読むこと」の中心にある「書」は日本文化の中で、大きな位置を占めてきました。日本の書を見直すためにも、重要な一冊です。

■著者まえがきより要約
 書の学習の要点は、一に「よい手本を見つけること」、そして、その内容に眼をむけ、一生懸命習うことである。臨書の重要さは多くの先学が指摘してきたことだが、同時に書を見る娯しみ、すなわち鑑賞的な態度としても、実際に筆を運びながら確認することができるという点でも、有効な方法である。実際に筆を運びながらの観察、洞察は、唯見ているだけの見方とは違った面が見えてくることが多くある。そうした視点に基づき本書では、第一章で、近現代の中で残された優れた臨書とその筆者の紹介を、第二章で、臨書についての留意点を、第三章では仮名古筆についての類聚整理(系統的分類)を試みた。
 仮名古筆は今日沢山残されているので、やみくもにながめているだけではわかりにくい。類聚整理の理由もその解消にある。本書では類聚整理に多くの頁を割いているが、仮名古筆の系統的見方は、臨書学習の効率化に役立つ。

【目次】
はじめに
第一章 近現代臨書精華-臨書への取組
元永本古今集の臨書
本能寺切の臨書
高野切第一種の臨書
桂本万葉集の臨書
一条摂政集の臨書
西本願寺本三十六人集貫之集下の臨書
十巻本歌合永承五年祐子内親王家歌合の臨書
関戸本古今集の臨書
臨書の貼りまぜ
西本願寺本三十六人集から紙文様原本写
第二章 臨書の用意
用具、用材
執筆と運筆
第三章 類聚整理-仮名古筆の見方と知識
仮名古筆の分類
高野切について
摂関期の仮名古筆
院政期の仮名古筆(1)高野切の流れ
院政期の仮名古筆(2)藍紙本万葉集系統
院政期の仮名古筆(3)寸松庵色紙、関戸本古今集系統
西本願寺本三十六人集
補遺1 仮名古筆と片仮名
補遺2 同筆と別筆(1)
補遺3 同筆と別筆(2)
補遺4 仮名古筆と写経
後記
【プロフィール】
関口研二(せきぐち・けんじ)
1947年埼玉県生まれ。東京学芸大学書道科卒業。同専攻科修了。著作に、「篆刻の実際」書苑社刊、「雅印のたのしみ」雄山閣出版刊、「かな字典」芸術新聞社刊、ほか。

ジャンル別

検索