Home書道香邨 榎倉香邨作品集

津金孝邦 津金孝邦作品集
PREVIEW
 

判型 :A4ワイド判(276×225ミリ)
   上製・クロス装
頁数 : 168頁
定価 : 本体13,000円+税
発刊 : 2009年7月31日
ISBN : 978-4-87586-180-5 C0071



本を購入する amazon


香邨 榎倉香邨作品集

榎倉香邨・著

繊麗な勁い線が、リズミカルに縦横無尽に展開され、非凡無比の境地は、すべて人為を超越する神工鬼手、巨匠榎倉香邨の究竟(くっきょう)一(いち)の至芸というべきものである。私がかつて「聳然(しょうぜん)たり、榎倉香邨凄絶の書」と讃歎したゆえんである。(小松茂美)

筆の軌跡の合理性を、あくまでも求め、実現して行かねばならない。榎倉先生に、その自覚が顕著であることを、私はこの書業を一覧する作品集に認めるにやぶさかでない。(西嶋慎一)

【構成】
現代かなをリードする第一人者、榎倉香邨 (えのくらこうそん)。1963年の日展特選作から最新作まで、深い魅力に充ちた71点 (迫力の両観音開き5作品を含む) をワイドなカラーで集成。
作品を全8章 (付・作者の解説) で構成。略歴、釈文、あとがきも掲載。
解説:「勁く、麗しく」小松茂美、「心慕手追の世界」西嶋慎一

【プロフィール】
榎倉香邨 (えのくら・こうそん)
日展参事、読売書法会顧問、日本書芸院名誉顧問、日本芸術院賞受賞作家。

ジャンル別

シリーズ

検索