展覧会案内小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

小早川秋聲

旅する画家の鎮魂歌


《國之楯》1944年(1968年改作)
京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)




東京ステーションギャラリー

東京都千代田区丸の内1-9-1
お問合せ 03-3212-2485
2021年10月9日(土)~2021年11月28日(日)
※月曜休館、但し11/22は開館
10:00~18:00
※金曜は20:00まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
入館料(当日):一般1,100円 高校・大学生900円
※入館チケットはローソンチケットで販売

展覧会特設ページ:
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202110_kobayakawa.html

小早川秋聲[こばやかわ・しゅうせい、本名・盈麿(みつまろ)/1885~1974(明治18~昭和49)年]は、大正から昭和にかけて、京都を中心に活躍した日本画家である。

鳥取にある寺の住職の長男として生まれた秋聲は、9歳で京都の東本願寺の衆徒として僧籍に入り、その後、画家になることを志して日本画家の谷口香嶠や山元春挙に師事、文展や帝展を中心に出品と入選を重ね、画技を磨いた。

また、旅を好んだ秋聲は、北海道、山陰、紀州など日本各地を絵に描き、国外では複数回の中国渡航に加え、1922年から23年にかけてアジア、インド、エジプトを経てヨーロッパ十数ヵ国へ遊学。1926年には北米大陸を横断し、日本美術の紹介にも努めている。

軍人でもあった秋聲は、たびたび従軍画家としても戦地へ赴いた。代表作に挙げられる《國之楯》は深く印象に残る1点であり、近年秋聲が再評価されるにあたって、この作品が担った役割は大きいと言えるだろう。

しかし本展はその枠のみにとどまらず、初期の歴史画から、初公開の戦争画、晩年の仏画までと百余点を用いて画業を見渡すことで、彼が本当はどのような画家であったかを浮き彫りにしていく意欲的な姿勢を見せている。

初めての大規模回顧展としてこれ以上ないほどの見応え、ぜひこの機会に小早川秋聲という画家を知ってほしい。